CSRCORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITY

コンプライアンスCOMPLIANCE

基本理念

フジアルテでは、コンプライアンスを事業の最重要課題のひとつと位置づけ、すべての役員・従業員が法令の遵守はもとより、行動規範を遵守し、社会規範に則した誠実、公正かつ透明性の高い行動をとることにより、コンプライアンスに根ざした健全な事業運営を通して、経営理念の実現を図ります。

基本方針

  • 1.法令の遵守
    ステークホルダー(企業活動を行う上で関わるすべての人)から評価・信頼される企業であるために、法令の遵守と社会規範や倫理の尊重、企業倫理の徹底を図り、立法の趣旨に沿って公明正大な企業活動を遂行します。
  • 2.人権の尊重
    国籍、出生、性別、社会的身分、宗教、信条、障がいの有無などに基づく差別や、暴力行為、パワーハラスメント、セクシャルハラスメントなど人格を無視する行為を禁止し、個人の基本的人権を尊重した働きやすい環境を確保します。
  • 3.労働者による雇用の自由な選択
    労働者による職業選択の自由は保障します。如何なる形態であっても強制労働、拘束労働または基本的人権に反する労働力を用いることはしません。法令に従い、労働者は必要に応じて職を離れ、または雇用関係を終了する自由があることを保障します。
  • 4.若年労働者
    児童労働は、いかなる製造段階においても使用しません。18歳未満の労働者(若年労働者)を夜勤や残業を含む、健康や安全が危険にさらされる可能性のある業務に従事させません。
  • 5.労働者の権利
    労働基本権を保障する憲法第28条及びそれに基づく労働法の規定を遵守します。
  • 6.従業員の成長・自己実現
    従業員の人格、多様性を尊重し、公平な処遇を実現するとともに、成長と自己実現を果たせる機会を付与し、それぞれの能力・活力を発揮できる職場を目指します。
  • 7.社会への貢献
    事業活動を行う各国・各地域の文化・慣習を尊重し、積極的な人財の採用、育成、登用により、経済・社会の発展に貢献します。
  • 8.情報の適正な管理
    業務上知りえた営業秘密および、役員・従業員・社外の個人情報等について、第三者に情報が漏洩しないよう厳重に管理します。
  • 9.反社会的勢力および団体への対処
    社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは一切関係を持ちません。

会社コンプライアンス体制

会社コンプライアンス体制の図 会社コンプライアンス体制の図
関係法令の
周知徹底
イントラネット上に各種法令の概要や法令改正情報などを掲載し、 社内の登録者が自由に閲覧できるようにしてコンプライアンスの強化に役立てています。
内部通報窓口
「内部通報窓口」を設置し、コンプライアンスに違反する恐れのある行為に関して、各社員からプライバシーの保護などの取扱いを明確にした上で直接相談を受け付け、悩みを聞くだけでなく、相談者に代わって事実関係を確認し、「是正措置」や「再発防止策」を実施しています。
コンプライアンス
教育
コンプライアンス強化の一環として、各種「コンプライアンス研修」を実施しています。
法務監査の実施
法令の遵守状況の監視、評価等を目的とする法務監査を実施しています。
派遣事業・請負事業ごとの独自のチェックシートを作成し、 このチェックシートに基づき自主点検と監査を行うシステムを構築しています。
法務セミナー
お客様向けの「法務セミナー」を実施しています。労働者派遣法改正の動向、外部人財活用のポイント、 トラブル防止・コンプライアンス体制の構築に向けた取組み事例の紹介など、人財活用・予防「法務 における実践的な情報を発信しています。
個人情報保護
個人情報がプライバシーを構成する重要な情報であることを認識し、社会的責務としてその保護の徹 底を図っています。「個人情報保護方針」を制定し、管理体制を構築しています。

自主点検活動

フジアルテでは自主点検活動を行っています。
各部門で3段階のチェック機能として、 ①事業所による自主点検・改善、 ②ものづくり本部による巡回指導、③法務室による内部監査・巡回視察
によりコンプライアンス徹底を推進してます。

ホットライン

内部通報制度について

組織的または個人的な法令違反や不正行為に関し、通報・相談する体制を整えることは、適正な処理の仕組みを確立することになり、不祥事の防止に繋がります。

本制度は、従業員と会社を守り企業風土の改善にも繋がり、コンプライアンス経営を更に強く推進することになります。

不正行為等として通報等できる事項

  1. 1

    法令に違反する行為(努力義務にかかわるものを除く。)

  2. 2

    当社社員等、取引先、その他利害関係者の安全、健康に対する危険な行為または危険を及ぼす恐れのある行為

  3. 3

    地域環境の悪化もしくは破壊を招来する行為
    前記もしくはこれらの行為の隠蔽、証拠隠滅、情報漏洩により当社の名誉または社会的信用を侵害する恐れのある行為 就業規則、その他の内部規程に違反する行為(人事上の処遇に関する不満および努力義務にかかるものを除く。)その他法令違反事実

苦情・相談ホットライン業務フロー

通報窓口
Hotline

0120-995-622