1. コンプライアンス

コンプライアンス

コンプライアンスに根ざした健全な事業運営を通して、
経営理念の実現を図ります

基本理念

フジアルテでは、コンプライアンスを事業の最重要課題のひとつと位置づけ、すべての役員・従業員が法令の遵守はもとより、行動規範を遵守し、社会規範に則した誠実、公正かつ透明性の高い行動をとることにより、コンプライアンスに根ざした健全な事業運営を通して、経営理念の実現を図ります。

基本方針

法令の遵守

ステークホルダー(企業活動を行う上で関わるすべての人)から評価・信頼される企業であるために、法令の遵守と社会規範や倫理の尊重、企業倫理の徹底を図り、立法の趣旨に沿って公明正大な企業活動を遂行します。

人権の尊重

国籍、出生、性別、社会的身分、宗教、信条、障がいの有無などに基づく差別や、暴力行為、パワーハラスメント、セクシャルハラスメントなど人格を無視する行為を禁止し、個人の基本的人権を尊重した働きやすい環境を確保します。

労働者による雇用の自由な選択

労働者による職業選択の自由は保障します。如何なる形態であっても強制労働、拘束労働または基本的人権に反する労働力を用いることはしません。法令に従い、労働者は必要に応じて職を離れ、または雇用関係を終了する自由があることを保障します。

若年労働者

児童労働は、いかなる製造段階においても使用しません。18歳未満の労働者(若年労働者)を夜勤や残業を含む、健康や安全が危険にさらされる可能性のある業務に従事させません。

労働者の権利

労働基本権を保障する憲法第28条及びそれに基づく労働法の規定を遵守します。

従業員の成長・自己実現

従業員の人格、多様性を尊重し、公平な処遇を実現するとともに、成長と自己実現を果たせる機会を付与し、それぞれの能力・活力を発揮できる職場を目指します。

社会への貢献

事業活動を行う各国・各地域の文化・慣習を尊重し、積極的な人財の採用、育成、登用により、経済・社会の発展に貢献します。

情報の適正な管理

業務上知りえた営業秘密および、役員・従業員・社外の個人情報等について、第三者に情報が漏洩しないよう厳重に管理します。

反社会的勢力および団体への対処

社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体とは一切関係を持ちません。

全社コンプライアンス体制

全社コンプライアンス体制

関係法令の周知徹底

イントラネット上に各種法令の概要や法令改正情報などを掲載し、社内の登録者が自由に閲覧できるようにしてコンプライアンスの強化に役立てています。

コンプライアンス教育

コンプライアンス強化の一環として、各種「コンプライアンス研修」を実施しています。

法務監査の実施

法令の遵守状況の監視、評価等を目的とする法務監査を実施しています。

派遣事業・請負事業ごとの独自のチェックシートを作成し、このチェックシートに基づき自主点検と監査を行うシステムを構築しています。

法務セミナー

お客様向けの「法務セミナー」を実施しています。労働者派遣法改正の動向、外部人財活用のポイント、トラブル防止・コンプライアンス体制の構築に向けた取組み事例の紹介など、人財活用・予防法務における実践的な情報を発信しています。

法務セミナー
法務セミナー

個人情報保護

個人情報がプライバシーを構成する重要な情報であることを認識し、社会的責務としてその保護の徹底を図っています。「個人情報保護方針」を制定し、管理体制を構築しています。

自主点検活動

フジアルテでは自主点検活動を行っています。

各部門で3段階のチェック機能として、①事業所による自主点検・改善、②ものづくり本部による巡回指導、③法務室による内部監査・巡回視察によりコンプライアンス徹底を推進しています。

スタッフ向けホットラインの設置

フジアルテはスタッフの皆様を全面的にサポートするために外部のスタッフ向けホットラインを設けています。

スタッフの皆さまが安心して仕事に取り組めるようにサポート体制を整え、あらゆる悩みやトラブル、相談ごとに対応いたします。

相談料は無料です。一人で悩まず、まずはホットラインまで、ご連絡・ご相談ください。

お気軽にお問い合わせ・ご相談ください

TEL.0120-288-230(月~金 12:00~21:00 土日祝 9:00~17:00)

安全衛生

安全衛生活動をすべての活動の基本として捉え、すべての活動において最優先して取り組んでいます。
一人ひとりの安全と健康のためにできることを社員と共に考え、日々実践しています。

基本理念

フジアルテでは、安全衛生の基本的な考えとして、災害ゼロから危険ゼロを目指す安全文化の構築を推進し、全従業員の安全と健康を守り、世界の人々と社会の豊かさに貢献いたします。

基本方針

  • 安全衛生活動の質と効率性を重視した自主管理活動を推進し、「安全は全てに優先する」行動で、労働災害を防止します。
  • 現場第一主義、ボトムアップ主義で自立した安全衛生活動を推進いたします。
  • 全社共通の基準で安全衛生活動が推進できる“安全衛生マニュアル”を構築いたします。
  • 安全衛生を実践できる管理者を育てるために、計画的に人財育成、能力開発を推進いたします。
  • 環境活動として、「省エネ・省資源」及び「廃棄物の削減」などの環境改善活動を積極的に推進し地球環境保全に努めます。
  • 全従業員が気持ちよく働ける快適な職場環境の形成を目指した、「快適職場づくり」の推進を継続的に行います。
  • 健康増進のために、心と身体のメンタルヘルスケアの推進をいたします。
  • この労働安全衛生方針を、全従業員に周知徹底し、各社員の意識向上に努めます。

安全衛生管理体制

安全第一の考えをモットーにさまざまな取り組みを行っています。

安全衛生委員会

安全衛生委員会

毎月1回開催
RSTトレーナーによる職長教育

RSTトレーナーによる職長教育

社内トレーナー4名
職長教育修了者 1228名(2021年9月)
全社安全衛生大会

全社安全衛生大会

年1回「全国安全週間」の期間に開催

安全衛生活動計画

立案した改善計画は常に検証を繰り返し、最善を追求してまいります。

安全衛生活動

安全衛生委員会を組織化し、業務災害発生時の内容(発生理由、災害状況、対応策、再発防止策など)が報告され、必要に応じて組織全体に再発防止の展開をしています。また「災害ゼロから危険ゼロへ目指そう安全文化の構築を」をもとに、全従業員の安全と健康を守っています。

安全衛生教育

全従業員に対して定期的に安全衛生教育を実施しています。リーダーや管理者向けのプログラムも設けています。

安全衛生手帳

入社時研修にて安全衛生手帳を活用しています。

安全衛生改善活動

テーマ・フォーマットを決め、安全衛生パトロールを計画・実施。不安全状態・行動の洗い出しを行います。安全衛生委員会にて改善を提案し、ハードの改善及びソフトの安全教育を実施します。

職長教育

労働安全衛生法第60条にもとづき、新たに職務につく職長その他、作業中の労働者を直接指導または監督するものに対し、安全衛生教育を行っております。職長教育を行うにあたり、社内講師としてRSTトレーナー4名を認定しています。

優良認定

製造請負優良適正事業者認定

2010年に「製造請負優良適正事業者認定」を取得

フジアルテは2010年度「製造請負優良適正事業者認定制度」第一号に認定され2020年度に4回目の更新審査を受け、更新いたしました。

「製造請負優良適正事業者認定制度」とは、厚生労働省の委託事業である製造請負事業改善推進協議会が、請負事業に関わる法令を遵守している請負事業者のうち、雇用管理の改善と請負体制の充実化を実現している事業者を、優良かつ適正な請負事業を行っている事業者として認定する制度。経営方針、ものづくり力、ひとづくりカ、労働者保護などの設定された基準をクリアした事業主に対し、評価・認定されます。

優良派遣事業者認定

2016年に「優良派遣事業者認定」を取得

フジアルテは2021年3月31日、優良派遣事業者認定制度の審査を受け、2回目の認定を受けました。

「優良派遣事業者認定制度」とは、法令を遵守しているだけでなく、派遣社員のキャリア形成支援やより良い労働環境の確保、派遣先でのトラブル予防など、派遣社員と派遣先の双方に安心できるサービスを提供できているかどうかについて、一定の基準を満たした派遣事業者が「優良派遣事業者」として認定されます。

プライバシーマーク

プライバシーマーク

「プライバシーマーク制度」は、企業や団体など(事業者)の個人情報保護の体制や運用の状況が適切であることを、消費者のみなさんに「プライバシーマーク」というロゴマークを用いてわかりやすく示す制度です。 1998年から一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が運営しています。

健康経営優良法人2021マーク

健康経営優良法人2021

経済産業省・日本健康会議が主催する『健康経営優良法人認定制度』において、優良な健康経営を実践している企業として「健康経営優良法人2021」の大規模法人部門に認定されました。

フジアルテでは『全従業員の物心両面の幸福を追求し 世界の人々と社会の豊かさに貢献する』という経営理念のもと、全従業員とその家族の健康こそが経営の重要な要素の一つと考え、従業員の健康の増進や疾病予防に向けた取り組みを推進しております。