STRENGTHフジアルテの強み

安全衛生HEALTH AND SAFETY

安全衛生活動をすべての活動の基本として捉え、すべての活動において最優先して取り組んでいます。
一人ひとりの安全と健康のためにできることを社員と共に考え、日々実践しています。

基本理念

フジアルテでは、安全衛生の基本的な考えとして、災害ゼロから危険ゼロを目指す安全文化の構築を推進し、全従業員の安全と健康を守り、世界の人々と社会の豊かさに貢献いたします。

基本方針

  • 1.安全衛生活動の質と効率性を重視した自主管理活動を推進し、「安全は全てに優先する」行動で、労働災害を防止します。
  • 2.現場第一主義、ボトムアップ主義で自立した安全衛生活動を推進いたします。
  • 3.全社共通の基準で安全衛生活動が推進できる“安全衛生マニュアル”を構築いたします。
  • 4.安全衛生を実践できる管理者を育てるために、計画的に人財育成、能力開発を推進いたします。
  • 5.環境活動として、「省エネ・省資源」及び「廃棄物の削減」などの環境改善活動を積極的に推進し地球環境保全に努めます。
  • 6.全従業員が気持ちよく働ける快適な職場環境の形成を目指した、「快適職場づくり」の推進を継続的に行います。
  • 7.健康増進のために、心と身体のメンタルヘルスケアの推進をいたします。
  • 8.この労働安全衛生方針を、全従業員に周知徹底し、各社員の意識向上に努めます。

安全衛生管理体制

安全第一の考えをモットーに様々な取り組みを行っています。

  • 安全衛生委員会(毎月1回開催)
  • RSTトレーナーによる職長教育 社内トレーナー5名
    職長教育修了者969名(2018年7月)
  • 全社安全衛生大会 年1回「全国安全週間」の期間に開催
安全衛生活動計画
立案した改善計画は常に検証を繰り返し、最善を追求してまいります。
安全衛生活動
安全衛生委員会を組織化し、業務災害発生時の内容(発生理由、災害状況、対応策、再発防止策など)が報告され、必要に応じて組織全体に再発防止の展開をしています。また「災害ゼロから危険ゼロへ目指そう安全文化の構築を」をもとに、全従業員の安全と健康を守っています。
安全衛生教育
全従業員に対して定期的に安全衛生教育を実施しています。リーダーや管理者向けのプログラムも設けています。
安全衛生手帳
入社時研修にて安全衛生手帳を活用しています。
安全衛生改善活動
テーマ・フォーマットを決め、安全衛生パトロールを計画・実施。不安全状態・行動の洗い出しを行います。安全衛生委員会にて改善を提案し、ハードの改善及びソフトの安全教育を実施します。
職長教育
労働安全衛生法第60条にもとづき、新たに職務につく職長その他、作業中の労働者を直接指導または監督するものに対し、安全衛生教育を行っております。職長教育を行うにあたり、社内講師としてRSTトレーナー5名を認定しています。