STRENGTHフジアルテの強み

人づくり力HUMAN RESOURCE
DEVELOPMENT CAREER FORMATION

フジアルテは人を創る会社です。
「ものづくり」を通じて「人財」を育成します。

基本理念

フジアルテでは、経営理念や経営方針、行動指針を正しく理解させることを人財育成の基本としています。入社時理念研修をはじめ、「組織内におけるリーダーシップ」や「マネジメントに対するアメーバ研修」等を通して、成果だけでなく考え方も含めた「実力のある人財」となることを目指しています。

基本方針

  • 1.人財となるために期待する「人財役割評価基準表」に基づいた成果と能力を評価し、適正に評価しています。
  • 2.人事政策の骨格を「目標管理制度」としています。
    明確な目標を設定し、その評価を適切に行なう方法を組み込むことにより、“社員と会社が成長する仕組みとしての『フジアルテ目標管理制度』”を活用しています。
  • 3.資格取得奨励制度としての、「技能手当」支給制度により自己啓発を奨励し、キャリア形成の支援を行なっています。
  • 4.福利厚生面を更に充実させることにより、生活基盤の安定化を図り、有為な人財の育成に繋げています。
  • 5.人財育成フォローアップシステム(OJT、法務研修、安全衛生研修、自己啓発支援)としての研修制度を充実させることと致します。
  • 6.この方針は、当社で働く従業員及び当社のために働く全ての人に周知するために、一般に公開します。

人財育成に対する考え方

私たちは創業の精神のもと、55年以上の実績を持つ製造アウトソーシング業界のパイオニアとして、総合人財サービスを通じて日本のものづくりの成長・発展を支援し、社会に貢献してきました。

一貫しているのは、一人ひとりの社員の成長がお客様への価値あるサービスの提供につながる信念です。社員が自ら描くキャリアビジョンの実現を、活躍の場と充実した教育・研修制度の提供を通じて、積極的に支援しています。

当社が単なる能力開発に留まらず、生き方・考え方といったヒューマンスキルの教育に力を注ぐのも、社員一人ひとりが心を高め、素晴らしい人格を身に付けることで、それぞれの人生をより良く生きていただけると信じているからです。会社はそのための教育道場、そして、人生道場でありたいと考えています。

フジアルテはこれからも、「人」を創る会社であり続けます。

人財育成

現場でのより効率的な生産活動を実現するため、能力開発室・ものづくり推進部が有為な人財の育成及び定着に努めています。

さまざまな制度や研修を充実させ、スタッフー人ひとりのキャリア形成を支援。管理監督者から作業スタッフに至るまで、スキルアップや意欲向上を図り、クライアント企業様へのベストパフォーマンスができるよう取り組んでおります。

人財育成の基本理念

人財育成と活用を図ることにより、社員と会社の双方が協力し、お互いの成長と発展を遂げることで、経済社会に貢献すことを基本的な理念としています。

教育プログラム

入社前教育

特に重要な入社前の教育では、社会人としてのモラルや協調性、そして積極性を高める教育を徹底的に行います。更に、安全衛生教育、交通安全教育、健康管理教育などの基礎知識と重要性を映像を用いながら、ケーススタディを多用して教育しています。

入社後教育

個々の作業教育はもちろん、その先のお客様、消費者の存在を認識させるCS教育を実施。更に、CSの意識を高めるためのQCDS教育や改善手法教育を小集団活動で実施しながら相互の意識とスキルアップを図ります。

管理者教育

作業スキルと意識面で成長できれば、事業所責任者との面談を通してリーダーとしてのマネジメント基礎教育を行います。リーダーから事業所責任者になる過程では、能力開発室・ものづくり推進部による労務管理教育、安全衛生教育、法務研修、そしてQC改善手法を徹底して教育し、事業所運営の質的向上を目指します。

キャリアパスの明示

現場スタッフに関わる職業能力の開発及び向上の促進を図るために、計画的な教育訓練を行います。

キャリアパスの明示

評価制度

【能力評価】 習熟管理表を基に、リーダーがスタッフの習熟を把握し評価しています。

【技能資格】 請負業務の遂行及び生産性の向上・スタッフの能力向上のために、作業の必要に応じて技能資格支援の促進を行っています。また、産業能率大学と提携した通信教育制度の導入を行っています。

目標管理制度

現場の問題や課題を解決するために、目標を設定し活動計画を立案し、目標達成に向けチャレンジすることで、個人のマネジメント力向上・自立心の促進が図れ、チームの活性化が期待できます。

教育・研修

お客様に高品質・高付加価値サービスを提供するためには、ご要望を高い次元で実現できる人財の育成が不可欠です。
そのために、一人ひとりの個性や能力に応じた基礎教育や研修制度の充実を図り、
社員が仕事を通じて自己実現 ができるようにバックアップしております。

教育体系図

リーダーの育成

事業所管理者やスタッフ育成のために各種講座を開講し、能力開発に向けた教育を行っております。
リーダーの育成に対してはリーダーの役割と育成計画を見える化し、目標達成に向け主体的に取り組む人財を育成します。
その他にも職種別・階層別各種教育を実施しております。

  • 事業所管理者研修講座

  • 職長教育講座

  • スタッフキャリア形成支援講座

  • eラーニング教育の導入

人事制度

人事制度の運用を通じて、
経営理念の実現を目指します。

従業員全員が、「どこを目指して成長すれば良いのか」「今、どこまで成長すればできているのか」「どうすれば目指す姿に成長できるのか」などを、「資格等級基準」や「行動基準」として具現化し、また、「実力主義」の考え方を人事制度のベースに置いています。この「実力主義」の人事制度では、「目標を達成するために自分だけが成果をあげ、自分だけが成長すれば良い」という利己的な考え方ではなく、「みんなの幸せのために自らの能力を発揮し、努力を惜しまず、情熱を持って行動する」という考えで取り組んでいます。

資格取得奨励

人財の技能・技術の向上を目指し、資格取得支援も全面的にバックアップ、「人づくり」に取り組んでいます。合格者へは報奨金の支給する資格も多数あります。また奨励資格として正社員を対象にQC検定、ビジネスキャリア検定等を設定しており、奨励資格につきましては受験料・交通費会社負担で受けられます。