Q&A簡単解説!フジアルテの労務講座

36 協定の労働者代表の選出において、従業員の候補者全員が過半数に達していない場合について

ご質問内容

配信日 2019/12/27

従業員代表の選出方法について質問です。

労働基準法第 36 条には、労働者の過半数を代表する者と規定されていますが、例えば、従業員代表の公募を行い、3 名以上候補者がいる場合に全員が過半数に達していない場合は、どうなるのでしょうか?

3 名とも過半数に達していないため、無効となるのでしょうか?

専門家からの回答

ご質問の件ですが、労働基準法第 36 条に「労働者の過半数を代表する者」と規定している以上、過半数に達しない者は「労働者の過半数を代表する者」になることはできません

このため、3 名以上候補者がいる場合に全員が過半数に達していないときは、その候補者全員が「労働者の過半数を代表する者」になることはできません。

過半数に達していない者と労使協定(36 協定)を締結した場合には、…​

製造業の人事・労務の最新情報を、いち早くお届けします。

  • 人材派遣の業界ニュース、関連法案への見解
  • 労働問題のお悩み、ご質問に専門家が詳しく回答
  • コンプライアンス・セミナーの開催情報 など

製造業の人事労務に欠かせない情報を 無料 で配信中!

メルマガ登録すると、過去の「労働問題 Q&A」も会員専用ページにて全てご覧頂けます。